ネタが溜まる一方のOn Any Sundayです。
On Any Sundayオリジナルのハンドルバー[perfect replicaシリーズ]及び[style replicaシリーズ]に
ご興味を持っていただき、何件かお問い合わせなど頂戴しました。
ありがとうございます。
ただいまウェブショップが仮で作成したものでして
近日正式にアップしました際にはより細かい商品説明など加えるつもりですが
ハンドルバーの寸法についてのお問い合わせをいただくので、こちらで説明します。
まずプルバックバー。
プルバックバーはperfect replicaとstyle replicaで同じハンドル形状です。
こちらで把握している資料によりますと・・・
(間違っていたらごめんなさい)
1974年~1976年 FXおよびFXE
1979年~1980年 FXS
の純正プルバックハンドルの形状です。
81年以降のFXSやFXB、FXSBなどFXシリーズのプルバックハンドルは
OEM品番が変わります。
82年からはスイッチボックスの形状も変わり、
いわゆる配線の逃げ「へこみ有り」のハンドルですので
81年のみ単独したOEM品番のハンドルです。
またアイアンなんかは同じ品番の末尾にアルファベットが付くだけで
プルバック量が変わったり、絞りが変わるのです。
ショベルプルバックハンドルと言っても実は色々種類があります。
しかしなんといっても、FXEのゆるーい、しぶーいプルバックハンドルは
たーーーーーーーっと高速を流していると、なんとも楽チンで
あー、遠くまでいきたくなるなーという形状でして
また車体の右斜め後方から車体を見ても、
得も言われるノスタルジックさが漂い
乗ってよし、眺めてよしと店主の大変お気に入りのハンドルなのです。
また、エボスポなんかにも車格に収まるハンドルでして
私自身が昔初めて883にプルバックハンドルを取り付けて
右斜め後方からのプルバックのタレ具合を見た時に
感動と共にニヤニヤが止まらなくなったことを思い出します。
まぁプルバックハンドルといっても世の中にゴマンとありますから
各々の好みもあるでしょう。
しかし店主自身が何本「純正」といわれるハンドルを探しても探してもちょっとずつ形状が違ったり
パーツサプライヤーの純正レプリカといわれるものを購入してもなんか違うなーと思って、
本当の本当の純正ハンドルとは?と悩みに悩んでいた所
当時ある事情により一度メーカーで取り付けをし、
その後外されたハンドルが大量にストックされていたものを
分けて頂き、他に入手した無数のハンドルと比較ののち
サンプリングしました。
さてさて前置きが長くなりましたがハンドルの形状でしたね。
センター幅 約 125mm 
全幅 約728mm
立ち上がり 約175mm 
プルバック 約220mm
またハンドルに巻きつけてあるWarningステッカーですが
色々なハンドルを手に入れる中で
Warningステッカーが逆さまについていたり
古いものはDOT5の指定ではなくてDOT3と書かれていたり
フォントも微妙に違っていたり
これまた色々ありました。
販売している製品に貼り付けてあるステッカーは
屋外用ステッカー媒体やト○タ純正外装用の媒体など、
様々試した結果、貼りやすく、シワもよらず、耐久性の良い媒体を見つけて採用しています。
ハンドルに貼る面は縦方向に巻きつけるだけでなく、
ハンドルのアールに合わせて3次元で貼り付けるため
通常のステッカーではシワが寄ります。
ステッカーだけでも実は色々あるのです。
ちなみに純正ステッカーもラフに貼ってありますので
(巻き付けの始めと終わりが綺麗に重なっていない)
同じようにラフに巻きつけてあります。
意図して揃っていないのでご了承を(笑)
 super perfect “replica” pull-back handlebar 56083-74
スーパーパーフェクトレプリカ プルバックハンドルバー 56083-74
ハンドル形状 クリップ穴 warningステッカー ローレット 全てショベルFXSローライダー純正プルバックハンドル(56083-74)と 同じディテール made in JAPAN
18,900yen



“style” replica pull-back handlebar 56083-74
スタイルレプリカ プルバックハンドルバー 56083-74

ショベルFXSローライダー純正プルバックハンドル(56083-74)と同形状で、 クリップ穴無し ローレット無し(きちんとクランプ出来ます。) ステッカー無し made in JAPAN15,900yen